髪と頭皮

髪と頭皮

髪は頭皮からはえてくるものですから、美しくすこやかな髪のためには頭皮も健康でなければなりません。髪の成長は毛先が伸びるのではなく、血液が運んでくる栄養分によって毛根部の毛乳頭で細胞が分裂して毛が作られ、外へ外へと押し出されて伸びていくものです。血行が悪くなると、毛の成長が阻害されてしまいます。髪の成長のための栄養は、血液中からとられます。ですから、常にバランスの良い食事を心がけて、栄養を豊富に毛乳頭に送り込むことが大切です。

髪の生え方

髪の中でも、皮膚の表面に出た部分を毛幹部、皮膚の中にある部分を毛根部といいます。毛根は毛包に包まれていて、毛髪はこの中を伸びて皮膚の表面に出て、外へと押し出されて伸びます。



毛包の下は玉ねぎ状にふくらんでいて、この部分が毛球です。毛球の末端は凹んだ形で、毛乳頭を包んでいます。毛球と毛乳頭がかみあっていて、毛乳頭には毛母細胞を養う血管が分布し、毛髪の発育に大切な役割を果たしています。ここでケラチンというタンパク蛋白質を作り、このケラチンが作られると毛母細胞は大きく成長し、分裂を繰り返して毛髪を作って送り出しています。

頭皮

頭皮は表面から、表皮、真皮、皮下組織に分かれ、表皮はさらに、表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層から成っています。 基底層で細胞が分裂して上に押し上げられ、有棘層、顆粒層、角質層ヘと移動していきます。基底層から角質層に達し、フケとなってはがれ落ちるまでの過程を角化といいます。通常基底層から角質層に達するまでに約14日間、角質層となってはがれ落ちるまでに約14日間かかります。この細胞周期が狂うと、フケが多くなります。