ブラッシング

ブラッシング

昔は朝晩ていねいにブラッシングをするのが基本でしたが、
現在はブラッシングをしない女性が増えています。

髪のためにはそれがいいのでしょうか? 悪いのでしょうか?

ヘアブラシについて

○獣毛製
猪毛や豚毛などの天然毛を使ったもので、髪に自然なツヤを与える効果があるとされています。植毛してあるため汚れや水分がたまり、雑菌が繁殖することがあります。定期的にクリーニングして乾かしてください。

○ナイロン製、ポリエチレン製
軽くて扱いやすく、目がつまっていないものが多いので摩擦が少ないのがメリットです。静電気が発生しやすく、切れ毛の原因になってしまうのが欠点。ナイロン製よりポリエチレン製の方が静電気が起こりにくいようです。髪が濡れているときにはお勧め。

○木製
静電気が起こりにくいのが特長で、頭皮のマッサージ効果も。硬いので力がかかり過ぎないよう、注意しましょう。

ブラッシングの効果

もともとブラッシングはほこりを落とすためのものでした。それなら毎日洗髪すれば必要なさそうな気がしますが、他にも大切な役割りが!

ブラッシングには、頭皮を刺激して血行をよくする、皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせる、頭皮の余分な角質を落とす効果もあります。よくブラッシングされた髪は本来のつやを取り戻ししなやかになります。

意外に知られていないのが、顔のリフトアップ効果。顔の皮膚と頭皮は(もちろん体もそうですが)、すべて続いているんです。だから、前から後ろへ毎日ブラッシングすることで、どうしても重力のために下がってしまう顔の肌をリフトアップすることにつながるという訳です。

ブラッシングの方法

ブラシは髪に垂直にあて、ゆっくりとブラシ全体でとかしてください。

特にロングヘアの場合は、もつれやすい毛先からとかします
髪がぬれているとキューティクルがはがれてしまうので、ブラッシングは乾いた状態で行ってください。

洗髪前にもブラッシングは必須です。髪のもつれをとり、頭皮の汚れやフケを浮き立たせ、洗髪中の髪のからまりを防ぎます。ロングヘアやもつれのひどい場合は目の粗いブラシを使い、毛先から順に根元までやさしくブラッシングしましょう。